回復期リハビリテーション病院である当院の代表あいさつ|赤羽リハビリテーション病院 看護部リクルートサイト

03-5993-5777 受付時間 9:00~17:00

MAIL MENU

代表あいさつREPRESENTATIVE GREETINGS

  • TOP
  • 病院の魅力
  • 代表あいさつ

赤羽リハビリテーション病院 院長あいさつ

 疾患の解明が進み、新しい治療薬や治療方法が開発され、患者さんの生命予後(寿命)は大きく改善しています。しかし、健康寿命の観点からは、それに伴うべきADL、QOLの向上は一般の医療だけでは必ずしも十分でなく、リハビリの果たすべき役割が注目されています。
 リハビリの目的は単なる運動機能の回復ではなく、ADL(日常生活活動の能力)の改善によるQOL(生活の質)の向上を図り、その人らしい人生を取り戻すことです。
 回復期リハビリ病院の提供するリハビリは医師や理学療法士などのセラピストによる訓練だけではありません。24時間の生活全体がリハビリであり、看護師、看護補助者の方々がその中心に位置し、その果たしている役割は大きいと考えます。もちろん病院としての医療の提供も大切にしています。
 明るく楽しい環境で、患者さんの社会復帰とその人らしい生活の獲得を目指すリハビリに、是非、一緒に取り組みたいと思います。

赤羽リハビリテーション病院 院長
杉田 之宏

赤羽リハビリテーション病院 看護部長あいさつ

「患者一人ひとりに向き合う看護を大切にするということ」

 回復期リハビリテーション病院は、脳血管疾患や事故などで障害を持たれた患者さんが急性期病院からの治療を終え、住み慣れた地域や自宅で障害を持ちながらも生活が送れるようにチームでリハビリテーションを提供するところです。
 患者さんは、回復期で数か月間過ごすわけですが、その間に患者さん一人ひとりのその後の生活を見据えて、暮らしの場に戻れるのかを考え、支援・調整することが回復期の看護師の役割です。
 リハビリ以外の時間は看護師が患者さんに寄り添い、回復期リハビリテーション病棟協会の「看護ケアの10項目宣言」を基に、患者さんの衣・食・住を支え、さらに患者さんが暮らしの場へ戻れるように、チームとして関わっていきます。
 そのためにすることは、入院中の健康管理、心理的サポート、家族支援、などさまざまです。 特に、地域包括ケアの中、どうやって地域へつなぎ患者さんが自分らしく生きていくかを入院当初から、患者さん、ご家族とともに考え、意思決定をしてもらう。大切なのは、患者さんの選択です。その点をしっかり看護の視点でとらえ他職種と共有し、丁寧に関わる。患者さん一人ひとりに向きあい看護することを、看護目標にしています。
 患者さんにとって、入院は通過点でしかありません。その先の生活を見据え、専門職として関わる、回復期看護の奥深く、やりがいのあるところだと感じています。
 また、看護部では看護教育の面で、人間としても成長できるよう看護師の人材育成に力を注いでいます。認定看護師等の資格取得や、看護師のキャリアアップを支援し、現在、2名の認定看護師が活躍しています。
 そして、とても大切にしていることは、働きやすい温かい職場、元気で明るく働ける環境です。 ワークライフバランスを推進し、仕事と自分自身のライフを楽しみ、仲間で助け合い、共によりよく生きる、 それが心に届く看護につながると思います。「働く看護師一人ひとりを大切に」を大事にしています。
 是非、私たちと一緒に回復期看護、継続看護の楽しさを共有しませんか。いつでも歓迎いたします。興味のある方は、見学も随時実施していますので、気軽にお立ち寄りください。

赤羽リハビリテーション病院 看護部長
浅木 貴子

PAGETOP